週末田舎暮しで自分スタイルのススメ

平日は東京、週末は田舎暮らしの2住居生活。畑や田んぼで作物を作ったり、時にはヒーリングしたり。いずれは田舎暮らしの割合を増やし、ヒーラーとしての活動も増やしたいと模索中。

週末田舎暮しへの道

自分らしく生きる

DSC02263家族、親族とはまったく無縁の見知らぬ土地に家を建て、
週末田舎暮らしを始めて10年以上が経ちました。

なぜ突然そんな生き方を選んだのか。
ちょっとした夢物語のような生活は、
いまだに自分でも信じられない時があります。

ある時期から「田舎に家を建てる」だけが
人生の最終目的ではないことに気が付きました。

では何が目的なのか・・・
数年にわたり、その答えを探すべく試行錯誤の繰り返し。

そんな時に出逢ったのが
「大人げない大人計画」
という不思議なコミュニティです。

興味がなければ退会すればいいからと軽い気持ちで登録して、
いまだに「何とな〜く継続中」。

見知らぬ土地に家を建てようと思ったきっかけは
「直観」と「好奇心」でした。

このコミュニティの参加を続けている理由は、
その時の感覚に近いものがあるような。。。

以下は「大人げない大人計画」からのメッセージ。
キャンペーン中ということで、ご紹介です。

===============
自分だけの人生を生きて行く
===============

最近、自分の中で物足りなさを
感じたことはありませんか?

毎日クタクタになりながら
仕事をして、家に帰る。

そんな生活を送っているうちに、

「自分の人生ってなんだんだ」

とため息をつくいていたことに
気が付いているのではないでしょうか。

「本当ならもっといい人生を
送っていたはずなのに・・・」

自己啓発本を手にとってみても
「自分の生き方を見つける」が
共通しています。

===============

真似する人を決めることで
人生は変わる

===============

でも、誰を真似すれば
いいのでしょうか。

憧れといえば
テレビの世界にいる

・芸能人
・プロのスポーツ選手

を思い浮かべると思います。

芸能人やスポーツ選手は
自分のスタイルを貫いています。

人とは違う経験や体験を
してきたからこそ有名人として
注目を集めています。

ですが、
あなたが求めているものは、

芸能人みたいな注目度や
プロのスポーツ選手みたいな
強靭な体ではないはずです。

あなたが本当に求めているのは
誰にも縛られることなく、

「やりたいことだけを
好きなだけやっていく」

誰かが描いたわだちを
進んでいくのではなく、

あなただけの人生を
生きていくことです。

===============

好きなことだけで
生きている人たちがいるんです

===============

「そんな人いるはずがない」
「見たことも聞いたこともない」
「綺麗ごとを並べるな」

そうです。

それはあなたがそういった人に
会える機会がないからです。

好きなことで生きている人は、
日常で人が集まっている場所に
いるはずがありません。

好きなことで生きている人たちの
共通点は自分というオリジナリティを
持っていることです。

その人のやりたいことを基準に
生活スタイルを決めることができます。

だから、ストレスのかかる人混みを
避けられる時間を選べるわけです。

何をするか、何を買うのか
どこに行くのか、いつ行くのか

それらを自分の思う通りに
決めていくことができます。

===============

自分を削り出すことで
オリジナリティを追求する

===============

そうはいっても今の自分の
オリジナリティを見つけること
は難しいです。

なぜなら、日常生活を送っている中で
なかなかそのような体験はできません。

「本当の自分」
「自分を探す」

よく聞く言葉です。

「自分」

この言葉だけでは
意味を持たない不確かな存在です。

言葉には必ずその逆の言葉
が存在するからこそ意味を持ちます。

自分の反対は、
「他人」、「他人」。

なら「他人」がいることで
意味を持つのが『自分』なのかもしれません。

「他人なんか関係ない」
「自分は自分」

そんな言葉こそ
他人がいないと成立しない言葉です。

今まで生きてきた中で

・親
・友達
・会社の人たち
・地元の人たち

などなど、、、、

多くの人と触れ合うことで
今の自分が削り出されていきます。

今までの出会ってきた人が
あなたのオリジナリティを
導き出しています。

他人じゃない
あなたを形づけるためには
出会い続けるしかありません。

=================

好きなことで生きている人たちに
出会い続けるためには

=================

ただ闇雲にあなたの短な人と
出会っても今と何も変わりません。

あなたが出会わなくて
はいけないのは、

「好きなことで生きている達人」

だからです。

彼らに近づくためには
どのようにすればいいのでしょうか。

普通の人ではそんな達人達に
出会える機会などありません。

人脈があったとしても
個別で会うことも叶わない人たちです。

このまま何も変わらない日々に
戻るだけでしょうか。

ただ、達人たちが集まる
コミュニティがあります。

それが
「大人げない大人計画」
です。

http://k2promote.net/item/124110/10154/

ここではさまざまな分野の
達人たちが毎月1回公演されています。

普段なら会えない達人に
会うために関東、関西圏はもちろん
北海道、沖縄からもお越しいただいています。

自分を削り出すために
旅費などを惜しまずに会いに来られます。

”自分を見つける”という
共通の目的を持った仲間にも
出会うことができます。

その出会いは達人たちに会うのと
同じくらい価値があることです。

もちろん、
達人たちの話には参加者さまから
高い評価をいただいています。

しかし、ただ達人の話を
聞いてもらうだけではなく、
特別なプレゼントもご用意しています。

================
特別プログラム1
ハワイ旅行往復便(マイル)講座
(1万9800円相当)
================

この講座はほぼ無料で
ハワイ旅行が手に入ります。

「マイル」と貯めることで
最短で3ヶ月で4〜5万マイルを
手に入れる方法があります。

4〜5万マイルで
ハワイやアメリカ本土、ヨーロッパに
ほぼ無料でいくことができます。

=================
特別プレゼント2
一流との対談動画・音声
(会員のみ視聴可能:プライスレス)
=================

普通の生活を送っている私たちと
達人と呼ばれる人たちの考え方を
知ることができます。

ここだけしか見れない、聞けない
貴重なものになります。

=================
特別プレゼント3
達人セミナー&食事会
(会員のみ視聴可能:プライスレス)
=================

毎月、大物ゲストを招いて
セミナーを開催しています。

普段では絶対出会うことが
叶わない達人と交流することができます。

もちろん個別で質問も
行ってもらえます。

達人たちと直接会話することで
考え方をインプットしてもらえます。

===================
特別プレゼント4
Amazon.com(アマゾン)評価4以上!
(電子書籍:2000円相当)
===================

人を理解する達人であり、
大人げない大人計画コミュニティの代表でもある
伊勢隆一郎氏の書籍を4冊プレゼント。

この本は、

・他者を理解することで幸せになる
・人間関係のトラブルが解決する
・ストレスがなくなる

などの方法が書かれています。

誰にでもすぐ役立つ内容が
盛りだくさんです。

その他にも通常なら
高額で販売している講座も
無料でプレゼントしています。

そして、なんと初月に限り
500円で参加いただけます。

通常月額9800円
→初月500円

”あなたの好きを見つけ出す”
環境が整っているコミュニティを
ぜひ覗いてみてください。

大人げない大人計画を覗いてみる

http://k2promote.net/item/124110/10154/

Copyright(c) 2017 RISE CREATIVE inc. All Right Reserved.

新居を構えたときのしきたり

ブログネタ
地方の暮らし に参加中!
新居を構えた時に、田舎では何かとしきたりを求められる場合があります。

週末だけとはいいながら、別荘とは一線を画した形での田舎暮しを目指していたので、その辺のしきたりには従いました。

我が田舎暮し拠点には小さな単位での「隣組」という制度があり、隣組がいくつか集まり「班」や「区」といった単位での組織が組まれています。

新居を構えた際は、まずは「隣組」のお宅に一軒一軒ご挨拶。その際、タオル程度の粗品を用意して、お渡しします。

さらに新居を構えたことが新築の場合は、後日すみやかに自宅に隣組の皆さんをご招待。新居の御披露目と共に、隣組の皆さんにも喜んでいただくために接待するというのが慣わしです。

こうした「隣組」への新居の御披露目がすまないうちに、他の方をご招待することは、あまり好ましく思われないくらい「隣組」の絆は強いものがあります。

田舎暮しを希望する方の中には、こうしたしきたりや慣わしを負担に思う人もいるかもしれませんが、こうした人との交流こそが「田舎暮しの原点」。

それに御披露目の際は、飲食のおもてなしをしますが、同時に皆さんご祝儀をお持ちくださりました。しきたりや慣わしとは言え、都会から来た「身も知らない人に」こうしてご祝儀を持って集まってくださったことに、都会では経験のない感動を受けました。

住宅ローン:融資が認められる

ブログネタ
住宅ローン金利 に参加中!
いくつかの金融機関で住宅ローンの融資を断られてしまった私は、途方にくれながらも思い出したのが地元で営業している信用組合。

実は土地を紹介してくれた方は地元で議員さんの経験もされた方。その方のお誘いで、土地を買ってから何度か地元の方とのゴルフコンペに参加していたのですが、メンバーの中にはその信用組合の支店長さんもいらっしゃいました。

ゴルフをした当時は、地元の信用組合さんから融資を受けるつもりはなかったのですが、他の金融機関で融資を断られてしまったあとは、こちらの信用組合さんを頼るしかない!

ただ他の金融機関で断られた書類だけでは、今回も断られてしまう可能性があるため、何とか知恵を絞りました。

出した結論は、私へ融資をすることに対する不安をできるだけ軽減させる工夫をすること。

そこで用意したシナリオは
(1)官庁関係の仕事を長く請け負っていることをアピール
(2)ある官庁の仕事で賞を受けたことがあり、当時取り上げられた大手数社の新聞記事(顔写真入りもあり)を見せる。
(3)過去に作成した作品群を見せる
(4)現在抱えている仕事や将来に向けての事業計画などを説明・・・などです。

つまり住宅ローンとはいえ、融資は金融機関による私への投資だという考え方を取り入れ「投資(融資)をして失敗したくない」という金融機関の不安を何とか払拭させるシナリオです。私も必死でした。

結果は・・・融資が認められました。36年ローン。

信用組合の窓口だった課長さんは「よく融資が認められましたねー」と本音を言ったくらい微妙な判定だったようです。

なせばなる!

住宅ローン:融資を断られる

ブログネタ
住宅ローン に参加中!
住宅ローンは家を建てようと決めた時点で、ほとんどの方が利用すること思います。

私も当然ローンを組むことを前提で家づくりを進めました。

建売の家やマンションを購入する場合と違い、新築で住宅ローンの融資を申し込むためには、本当に家を建てるのか、といったことが暗に要求されます。住宅融資をしたのに実際には別の目的に使われたりしないように融資元も慎重になるからでしょう。

そのため住宅ローンの申し込み時には現時点での職業や収入はもちろん、過去2年間の収入に関する資料や工務店の見積書、設計図などを提出しなければなりません。

ところが、いざ銀行に融資を申し込んだところ数社の銀行全てから断られてしまいました。

一つは私が自営業であったこと。また、過去2年間の収入が融資の基準に満たないことなどが原因のようです。私は戸惑い、途方にくれました。

そして、「融資を受けてから家づくりに着手する」のではなく「家づくりに着手しないと融資の申し込みができない」ばかりか「申し込んだからといって必ずしも融資を受けられるわけではない」という現実を初めて知ったのです。

工務店の見積書はともかく、設計事務所には、すでに設計図を描いてもらっているので費用が発生しています。

さらには、工務店からは「家づくりをする」という前提で話を進めているために、大工さんの確保や材料の確保など、住宅ローンを受けられるかどうかとは別に、どんどん作業は進んでいきます。

基礎工事の時期的なタイミングを見計らうと後には引けない状況。工務店の社長さんも、このまま進めて大丈夫だろうかと不安そうです。

設計について

ブログネタ
マイホーム に参加中!
設計については、工務店にお任せするパターンと別途設計事務所にお願いするパターンとが考えられます。

工務店さんのなかには設計もしっかりとした技術を持ち合わせた業者さんがいるので、必ずしも設計事務所にお願いする必要がない場合もありますが、今回は知人に紹介してもらった設計事務所さんに依頼しました。

ただ、いざ図面を描いてもらってみると、微妙に要望の取り入れ方にギャップが発生することが解りました。

どういうことかといえば、今回依頼した設計業者さんは、建売を得意とする業者さん。そのためか私がこだわった「ワンフロア」「オール木材」「健康住宅」「シンプル」などといった要望に対して、どうしても根本的な面で受け入れにくいのか、意見の相違が出てしまいます。

たとえば、特にこだわったのがワンフロアという条件。私は「部屋が全て見渡せるワンフロア!」という要望を出しているにも関わらず、何度説明しても台所と区切る壁や間仕切りを作ろうとする。

何度となく打ち合わせをすることで、間仕切りの幅は狭くなりますが、やはり「間仕切りがある」という設計から抜け出せないのです。

お寺や道場のようになっても構わないと言っても、なかなか受けれることができないようで、どうも遠慮がちな設計を提案してきました。

建売の間取りが身に付いてしまっている、といった感じでしょうか。設計事務所だからといって業者さん全てが「デザイナーズハウス」のような設計をされるわけではないことを、初めて知りました。

でも知人の紹介と言う気安さもありましたが、何度か打ち合わせをした過程では、飲みながら意見を交換したこともあり、言いたいことを言いながらざっくばらんに交わした話はとても有意義でした。

最終的には、私の奇抜な要望にも熱心に対応してくださり、とても勉強になりました。設計事務所さんには感謝しています。

工務店選び

ブログネタ
自然素材の家を建てたい に参加中!
工務店選びをするにあたって一番の基準は、外断熱工法を採用し、自然素材を使って家づくりを行ってくれることでした。

素材は木造で、化学的な壁紙や塗装などをしない、健康住宅を建てたいという思いを叶えてくれる工務店です。

そうした家づくりを叶えてくれる工務店を探す手段として、インターネットを使いました。

インターネットで探す際、キーワードとしては「地元であること、地元の木材を使用して建ててくれること、外断熱」などに関する言葉を入力。

いくつかヒットしたサイトを閲覧して、とてもきれいに作られていて、好感が持てるサイトを見つけました。

サイトを丁寧につくっている業者さんなら、家づくりも含め、全てにおいて丁寧に作業をするだろうという判断です。

とにかく電話をしてみることにしました。

すると、とても柔らかい声の女性が応対。カタログを送ってもらうようお願いした際の対応も、サイトの印象そのままに、大変好感が持てました。

後に、この工務店さん(山田工務店・渋川)に依頼することになったのですが、第一印象の大切さと、偶然にも、とてもすばらしい工務店さんに出会えたことに感謝しています。
楽天市場
プロフィール

まーchan。(週末田...

記事検索
  • ライブドアブログ