週末田舎暮しで自分スタイルのススメ

平日は東京、週末は田舎暮らしの2住居生活。畑や田んぼで作物を作ったり、時にはヒーリングしたり。いずれは田舎暮らしの割合を増やし、ヒーラーとしての活動も増やしたいと模索中。

2013年の農作業

2013年の米作り、ほぼ終わり

伸びに伸びになっていた脱穀。

イノシシが田んぼに入り始めてくるし、焦る気持ちの中、天気予報とにらめっこしながら、予定より1日繰り上げることで、なんとか終わらせることができました。

今年は脱穀しようというタイミングで雨に降られ、あちこちの農家でも頭を抱えていたようです。

この地域は、おそらく全国でも珍しいくらいお米の天日干しが盛ん。

それだけに、自然の成すこととはいえ、農家さんにとっては、よいお米が出荷できなければ生活にも影響してくるし。来年以降、天日干しが減ってしまうのではないかと心配です。

さて、2013年のお米。量は昨年より少し多い印象です。ちょっぴりね。

そして味は。。。うーん、ツヤツヤ、もっちもち!

やっぱり美味しいです!

お米は籾のまま保存しているので、食べる際に籾摺りしているのですが、やはり昨年のお米とは段違い。
テレビのCMではありませんが、ご飯をおかずにご飯が食べられる感じ。

皆さんに、召し上がっていただけないのが残念です。

田んぼ2013年田んぼ、後は稲ワラを切って、田んぼに漉き込む作業を残すのみ。
でも稲ワラは手動なので、これも、なかなか終わりません〜

台風余波で予定変更の週末☆脱穀できず

今日から、関西方面へ出向く予定を、台風の接近という1週間ほど前の天気予報で、さっさとキャンセル。

飛行機は、早割り予約だったこともあって、キャンセル料は50%以上。ほかにも台風の接近を理由に取りやめた予定もありましたが、今日は、とてもよいお天気。すっかり台風に振り回された感じでもあります。

でも脱穀の予定を雨で何度も延期せざるをえなかった状況では、旅行より農作業を優先。

はざかけはざかけ1週間雨に濡れた稲は、脱穀できるまで乾燥させるには、まだ数日かかります。(写真は昨日の様子)

おまけに、イノシシが出没し始めていて・・・稲たちには、あと、数日がんばってもらわねば。

畑では、長雨が続いたわりに、元気に育っている赤ねぎを少し収穫。鍋料理でいただきました。

赤ねぎ☆赤ねぎ・・・根元がワインレッドのネギ。苗は白ネギより高かったのですが、ちょっと珍しかったので植えてみました。焼いて食べると、よりネギの甘みを楽しめるみたいです。





赤城神社から遊民谷ツアー。そして残念〜。今日の脱穀は延期。

午前中に予定してた脱穀は、残念ながら雨で延期。

明日はお天気の予想ですが、今日、これだけ雨が降った後では、すぐに脱穀は無理。稲が乾くのを数日待ってから行うしかありません。

週の半ばには、台風の影響もあってお天気下り坂のようですが、なんとか今週中に、脱穀を済ませたいです。

赤城神社満月だった昨日(10/19)は、唐人駄場ツアー仲間と共に赤城神社ツアーへ。

赤城神社でしばらく過ごした後は、神社近くの「風の庵」というお蕎麦屋さんへ。


おそばここのお蕎麦は、すべて石臼引きの生粉打ち十割蕎麦だそう。お蕎麦の味を確かめたくて、寒かったけれど、ざるそばでいただきました。

やきだんご店内には、薪がくべられた暖炉があったり、外にはテラス席があったりと、和風なのに、どこかモダンな趣も。料理は店で制作された焼き物を使用しているのだとか。お蕎麦はちょうど新そばだったので、よりおいしくいただけました。焼きまんじゅうもよかったです。


NCM_0252お腹を満たした後は、アースガーデン「遊民谷(ゆうみんだに)」へ。

つい最近になって、このアースガーデンを主催する人と知り合いになったので表敬訪問。満月なので、みんな揃って、庭でツインハート瞑想を行い、地球や人々の平和と安定、遊民谷のコンサートの成功を祈りました。

ここでは、10月25日26日27日(10:00~16:00)の三日間、『森のマルシェと遊民コンサートVol.2』 が開催されます。
NCM_0251

稲の天日干し

はざかけ01一部残っていた稲も、すべて刈り取り、天日干し(はざかけ)最中。

量は、昨年とだいたい同じくらいではないかと見込んでいます。
参考までに2010年の稲の量。これで全部?というくらい少ないですね。。。)

来週には脱穀の予定です。

はざかけ02

はざかけ05

はざかけ06


稲刈り、一部完了

稲刈り、田植えが1週間遅かった箇所を残し、なんとか完了。

作業を終えて、近所の温泉施設に行くと、顔見知りのご近所さんや職員さんから「手刈りやってたねー」とか「終わったん?」と、あっちこっちから声をかけられました。

温泉施設の向かい側だから、みんな、見てるのねー。

稲刈り開始2013稲刈り04






2013稲刈り06稲を手で刈り取った後は、水に浸した昨年の藁を使って束ねる作業。これが稲刈りより時間がかかる。4人で行って、二日がかり。




2013稲刈り07「はざかけ」された稲。最近では、こうして日に干す光景も少なくなっていますが、この地域では、まだまだ盛ん。そのため、この地域のお米は、お得意様を中心に売られるケースが多いようです。

2013稲刈り102013稲刈り13光もきらきらと稲を祝福してくれました。


今週末は稲刈り

今年は、「イノシシなぜ逃げる?」が効いているのか、今のところイノシシの被害にも遭わず、稲刈りの時期に入りました。

苗を植えたタイミングが異なるので、部分的には、まだ早いところもありますが、今週末に稲刈りを行う予定。

手刈りです。



田舎暮らしに役立つ製品









楽天市場
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ